施工管理装置(SECORECO)

施工管理装置(SECORECO)とは

建柱車をはじめとした地盤改良機や、三点杭打ち機やラフタークレーンなどの大型重機による
柱状改良・鋼管杭および既成杭の施工時のデータを記録する装置です。

本機は、柱状改良及び鋼管杭以外にも、既成杭打ちや杭抜き工事の計測データを
USBメモリー及び内蔵メモリーに保存することが可能です。

USBメモリーに保存したデータは、事務所のパソコンで確認することができ、
杭番号ごとのデータ一覧表、掘削深度設定ごとの区間データ、時間ごとの区間データ、グラフ、
メートルごとの管理のデジタルデータが印刷できます。 

数値とグラフを一画面にまとめて表示
計測データは内部メモリーに30日分保存

柱状改良と鋼管杭の両方に対応

施工管理装置の画面上に数値とグラフをまとめ、
m毎回転数やm毎流量をひと目で確認できます。

計測データは内部メモリーとUSBメモリーの両方に保存でき、
即座に印刷することも可能です。

万が一レシートをなくしてしまっても、
データがあればいつでも再印刷が可能です。

便利な施工支援機能付き

重機のオペレーター様をアシストする
便利な施工支援機能が搭載されています。

柱状改良
・セメントミルク流量計算機能
・目標流量/深度到達お知らせ機能…など

鋼管杭
・打設時の目標設定機能
・トルク、圧入力自動保存機能…など

それぞれのお客様に合わせたカスタマイズが可能

(例)
・離れた場所からオペレーターと同じ計測画面を見たい。
・PCソフトに表示する計測データを独自の書式に合わせたい。

・現場の計測データを事務所に送りたい。など

上記の内容以外でもご希望に合わせてカスタマイズいたしますので
お気軽にご相談ください。

これまでの経験によりどんな重機にも搭載可能

NIPPOHが創業以来培ってきた経験とノウハウを最大限活かし、
お客様のニーズにお応えできる確かな製品を開発いたします。

お手持ちの重機に取り付けをご検討されていましたら、
ぜひNIPPOHにご相談ください!